Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

《報告》平成21年度通常総会

 5月14日(木)15時より平成21年度通常総会がアルカディア市谷鳳凰の間にて行われた。(出席者41名、委任状提出者242名、会員数485名の過半数を満たし、総会成立)
 川村たかし会長挨拶。(天沼春樹理事長代読)
「『新十津川物語』執筆の年月を経るうちに、『書く』ことに対しての私の姿勢が、不遜になっているのでは、と思うようになりました。
『人間を書く』―人間の逞しさ、優しさを、傲慢にならずに綴ることが、文学の大前提です。作家も志望者も、子どもの前には、驕らず、謙虚でなくてはなりません。児童文学の究極のかたちは『含羞の文学』だと思います。私たちの『含羞』が、続く世代に受けつがれ、優れた作品が生み出されることを望みます」


 天沼春樹理事長挨拶。
「皆様のご支援を得て、任期4年を無事務めさせて頂き、感謝いたします。今後は人心一新後の協会常務理事として、新理事長をサポ-トしつつ、法人改革問題など重要課題に取りくみます。ご協力の程お願いいたします

 議長に天沼春樹理事長、司会に中村文人理事、書記(武谷、浜野木)を選出、議題に入る。
 平成20年度事業報告、会計決算報告(各事業収支内訳の提示要との意見あり。法人改革法改正に伴い、今後の課題に含める)、監査報告、本年度役員、以上承認。

 新理事長 村松定史氏挨拶。
「皆様と共に、法人改革他、課題に対し、外部的視野、経験を改革に活かしたいと思います」

 常務理事、理事は、文化庁指示により計22名。新監事に、畑中義雄氏(社会保険労務士)。事務局員異動。林主任より、順次江森氏に引継ぎ。
 本年度事業計画案提議。総務委員会より、法人改革委員会設立、組織委員会吸収。育成委員会の創作コンクール「つばさ賞」(新名称)募集。新設の第3事業委員会は、外部との業務提携、文学賞開催。同じく新設の文芸振興委員会は、講演会、講座開催計画。続き、予算案。承認。
 各支部代表者による活動状況報告では、勉強会の成果、作品の出版化、受賞など、会員の発展的創作活動のようすも多く発表され、充実した会となった。
(文責:浜野木)

Appendix

当ブログについて

jibungei

Author:jibungei
一般社団法人 日本児童文芸家協会のブログです。協会や会員の情報などを随時更新していきます。
広報委員会を中心に、07年11月にホームページのリニューアルをいたしました。
日本児童文芸家協会のホームページはこちらです。

会員の方へ:協会ホームページに情報の掲載を希望する際は、事務局の「広報」宛にメール hp@jidoubungei.jp(件名は「HP情報掲載希望」として下さい)、あるいはFAX(「HP情報掲載希望」と明記)、郵送(日本児童文芸家協会 広報委員会  「HP情報掲載希望係」宛)で送ってください。
 文章量は500字以内。資料、写真などがある場合は添付してください。(添付していただく際は、著作権、肖像権にお気をつけください。)
 尚、情報は、社会貢献、受賞、児童文芸の振興に寄与するものなど、会員に紹介するにふさわしい内容のもので、掲載の判断は広報委員会にお任せくださいますようお願いいたします。

「サークルブログ」はこちらです。サークルブログへの投稿方法は、当該ブログをごらんください。 

月別アーカイブ

最近の記事

ブログ内検索

カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。