Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

報告!浜田広介記念館開館20年記念イベント

 本協会初代会長浜田広介先生を顕彰し、山形県高畠町に誕生した「浜田広介記念館」も今年で開館20周年を迎えました。その記念イベント『中島啓江の歌とトークで輝こう!~児童文学作家 漆原智良とともに~』が平成20年10月13日(祝)午後6時30分より「高畠町文化ホールまほら」で開催されました。
 昨暮れ、中島啓江さん(歌手)と漆原智良氏(広介賞児童部門審査委員)とが「綜合ラジオ」で一週間にわたり「人との出会い・父母の愛情・いじめ問題、広介童話など」について全国向けに対談放送されたことが縁となり、「これをナマで熱く語ってもらいたい」という、主催者広介記念館からの要望で実現したものです。800席の会場は10日前にはすでにチケット完売。本協会員も東京などから多数参加しました。

 第1部はトークショー。漆原氏と広介先生との関わりに始まり、2人の最新作「笑えば、YES!」「東京の赤い雪」に描かれている「いじめ問題」の話へと発展。さらに、作品の底に流れている「温かい親子愛」「前向きな生き方」「笑顔と人生」など、涙あり笑いありの約50分のトークでした。

 第2部は中島さんと高畠町少年少女合唱団との「大きな時計」などの合唱。続いての啓江コーナーでは「一羽の小鳥」「千の風になって」などの独唱50分。フィナーレは、中島さん、漆原氏、山川アナ、鈴木理事長、安田館長の5人が、舞台で「見上げてごらん夜の星を」を合唱。会場も盛り上がり感動的な2時間でした。

漆原
トークを終えて。右・中島啓江、左・漆原智良

Appendix

当ブログについて

jibungei

Author:jibungei
一般社団法人 日本児童文芸家協会のブログです。協会や会員の情報などを随時更新していきます。
広報委員会を中心に、07年11月にホームページのリニューアルをいたしました。
日本児童文芸家協会のホームページはこちらです。

会員の方へ:協会ホームページに情報の掲載を希望する際は、事務局の「広報」宛にメール hp@jidoubungei.jp(件名は「HP情報掲載希望」として下さい)、あるいはFAX(「HP情報掲載希望」と明記)、郵送(日本児童文芸家協会 広報委員会  「HP情報掲載希望係」宛)で送ってください。
 文章量は500字以内。資料、写真などがある場合は添付してください。(添付していただく際は、著作権、肖像権にお気をつけください。)
 尚、情報は、社会貢献、受賞、児童文芸の振興に寄与するものなど、会員に紹介するにふさわしい内容のもので、掲載の判断は広報委員会にお任せくださいますようお願いいたします。

「サークルブログ」はこちらです。サークルブログへの投稿方法は、当該ブログをごらんください。 

月別アーカイブ

最近の記事

ブログ内検索

カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。