Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

児童文学創作塾を開校します!

◯受付を締切ました。

 日本児童文芸家協会には第3事業委員会というのがあります。これは関西を中心とした地域でさまざまな事業を展開するのが目的で設置された委員会です。
 このたびこの第3事業委員会が中心となり、児童文学創作塾を開校することになりました。そこで塾生を募ります。

 たとえば、つぎのような方が塾生としての対象になります。
 これまでいろいろと公募に出して、佳作や優秀賞などをとったりしたが、いまいち伸び悩んでいる人。本を1、2冊出版しているが、どうもまだ自信がない人。同人誌にも参加せず、ひとりで書き続けてきたが、これでいいのかどうか迷っている人。自分の原稿に対して本格的な批評を受けたことがない人、等々です。
 ようするにプロ・アマを問わず、自分の原稿を経験豊かなプロ作家に読んでもらい、合評を受けてみたいという方が対象となります。よって、初心者のかたはご遠慮ねがいます。
 要項は以下のとおりです。


定員     5名
参加費    1人1作につき1万円
日時     2008年11月29日(土) 午後1時から5時まで
       1作40分程度の合評となります
場所     エル・おおさか(大阪府立労働センター) 大阪市中央区北浜
合評     事前に他の塾生と講師に原稿を送付していただきます。全員が原稿を読んで
       、合評に臨むことになります。詳細は、おって通知します
講師     越水利江子、沢田俊子、竹内もと代、横山充男
       1作について、上記の講師(最低でも3名は講師が出席します)がさまざま
       な角度からアドバイスしていきます
提出原稿   短編・中編・長編(300枚以内)いずれでも可です
       グレードは幼年文学からYAまでとします
       リアリズム、ファンタジー、SF、時代小説など、ジャンルは問いません
主催     社団法人 日本児童文芸家協会 

申し込み方法 所定の申し込み用紙により、受付締め切り日までに申し込んでください。関
       西在住の方以外でも応募できます
受付期間   2008年6月1日~7月31日(木)(必着)


 受講希望者は、下記の申し込み書をダウンロードし、必要事項を書き込んで、郵送してください。選考結果は、受付期間終了後、おって通知いたします。

【申し込み先】  〒102-0072 東京都千代田区飯田橋2-16-3 金子ビル202
社団法人日本児童文芸家協会「児童文学創作塾」係


児童文学創作塾申込書

Appendix

当ブログについて

jibungei

Author:jibungei
一般社団法人 日本児童文芸家協会のブログです。協会や会員の情報などを随時更新していきます。
広報委員会を中心に、07年11月にホームページのリニューアルをいたしました。
日本児童文芸家協会のホームページはこちらです。

会員の方へ:協会ホームページに情報の掲載を希望する際は、事務局の「広報」宛にメール hp@jidoubungei.jp(件名は「HP情報掲載希望」として下さい)、あるいはFAX(「HP情報掲載希望」と明記)、郵送(日本児童文芸家協会 広報委員会  「HP情報掲載希望係」宛)で送ってください。
 文章量は500字以内。資料、写真などがある場合は添付してください。(添付していただく際は、著作権、肖像権にお気をつけください。)
 尚、情報は、社会貢献、受賞、児童文芸の振興に寄与するものなど、会員に紹介するにふさわしい内容のもので、掲載の判断は広報委員会にお任せくださいますようお願いいたします。

「サークルブログ」はこちらです。サークルブログへの投稿方法は、当該ブログをごらんください。 

月別アーカイブ

最近の記事

ブログ内検索

カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。