Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

漆原智良氏 <東京の赤い雪>口演童話と講演のおしらせ

■漆原智良氏 <東京の赤い雪>口演童話と講演のおしらせ
 
 漆原智良氏の作品「東京の赤い雪」(フレーベル館)は、昭和20年3月の東京大空襲で家族を失う「ぼく」を通して、戦争の悲惨さをしみじみと訴えています。また、オリジナルの創作スタイルの口演童話として、子どもたちにもわかりやすいように考えられています。
 戦後63年。平和を願い、作者による「東京の赤い雪」口演童話と講演の会が開かれます。ぜひ、ご参加ください。


◎ 漆原智良氏より
 戦後63年の歳月が流れました。「東京大空襲、戦災孤児体験を風化させてはいけ
ない」「次世代に語り伝えたい」という願いのもと、平和への祈りをこめて「口演と
講演」が実現の運びとなりました。
 前半は私の解説と山川アナの朗読で『東京の赤い雪』を30分。後半は「戦災孤児の歩みと、未来への目」の内容で講演を1時間30分。そのあと質問を受けます。
 なお翌9日は「時忘れじの集い」(於・上野公園10時)を海老名香葉子、林家正
蔵、林家いっ平、泰葉さんたちとおこないます。出版社の方も多く見えられます。ご参列いただければ幸いです。

  日時:3月8日(土)PM1:30~4:30
  場所:江戸東京博物館(JR両国駅前)
  主催:全国疎開学童連絡協議会
  入場無料、質疑応答あり。
  詳細問い合わせ:全国疎開学童連絡協議会事務局 03―3586―6874



◎漆原智良の半生記、「黒潮の瞳を見つめて」NHKラジオ深夜便で放送。反響大きく、雑誌『ラジオ深夜便・こころの時代6号』(NHK刊)掲載発売中。

Appendix

当ブログについて

jibungei

Author:jibungei
一般社団法人 日本児童文芸家協会のブログです。協会や会員の情報などを随時更新していきます。
広報委員会を中心に、07年11月にホームページのリニューアルをいたしました。
日本児童文芸家協会のホームページはこちらです。

会員の方へ:協会ホームページに情報の掲載を希望する際は、事務局の「広報」宛にメール hp@jidoubungei.jp(件名は「HP情報掲載希望」として下さい)、あるいはFAX(「HP情報掲載希望」と明記)、郵送(日本児童文芸家協会 広報委員会  「HP情報掲載希望係」宛)で送ってください。
 文章量は500字以内。資料、写真などがある場合は添付してください。(添付していただく際は、著作権、肖像権にお気をつけください。)
 尚、情報は、社会貢献、受賞、児童文芸の振興に寄与するものなど、会員に紹介するにふさわしい内容のもので、掲載の判断は広報委員会にお任せくださいますようお願いいたします。

「サークルブログ」はこちらです。サークルブログへの投稿方法は、当該ブログをごらんください。 

月別アーカイブ

最近の記事

ブログ内検索

カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。