Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

福田清人賞受賞の朽木祥さん 同作で、小学館児童出版文化賞受賞!!

『光のうつしえ 廣島 ヒロシマ 広島』で福田清人賞受賞の朽木祥さん
同作で、小学館児童出版文化賞受賞!!


11月6日、神保町・如水会館に於いて、第63回「小学館児童出版文化賞」の贈呈式が執り行われた。
 受賞者は、当協会福田清人賞、協会賞・新人賞を受賞して協会初の三冠王に輝いた、会員の朽木祥さん。受賞作は、福田清人賞受賞の、『光のうつしえ 廣島 ヒロシマ 広島』。もうひとつの受賞作は、ミロコマチコさんの絵本『ぼくのふとんは うみでできている』。
 協会を代表して、総務の光丘とささきが、受賞の朽木さんに花束を贈らせていただいた。
 朽木さんそっくりなお嬢さんも同席され、盛大な祝賀会であった。
審査委員長の荒井良二さんが、『光のうつしえ』を一番に選ばれた経緯と共に、「朽木さんの作品は、緻密な地図のようです」とスピーチをされたことが、印象的。
受賞者の朽木さんからは、「ヒロシマという巨大な事件を描き出すためには、まず小さな物語を丁寧に書いていくことから始めなければなりませんでした。その結果、実際の目撃証言にはなれなくても、想像の果てで目撃証人になることしかなかったのです」という、実に真摯で真実な吐露ともいうべき言葉。
 『児童文学は、幸福な結末』という共感が溢れる温かい会でもあった。
                             (文責:総務・光丘真理)
朽木さん

福田清人賞受賞の朽木祥さん


Appendix

当ブログについて

jibungei

Author:jibungei
一般社団法人 日本児童文芸家協会のブログです。協会や会員の情報などを随時更新していきます。
広報委員会を中心に、07年11月にホームページのリニューアルをいたしました。
日本児童文芸家協会のホームページはこちらです。

会員の方へ:協会ホームページに情報の掲載を希望する際は、事務局の「広報」宛にメール hp@jidoubungei.jp(件名は「HP情報掲載希望」として下さい)、あるいはFAX(「HP情報掲載希望」と明記)、郵送(日本児童文芸家協会 広報委員会  「HP情報掲載希望係」宛)で送ってください。
 文章量は500字以内。資料、写真などがある場合は添付してください。(添付していただく際は、著作権、肖像権にお気をつけください。)
 尚、情報は、社会貢献、受賞、児童文芸の振興に寄与するものなど、会員に紹介するにふさわしい内容のもので、掲載の判断は広報委員会にお任せくださいますようお願いいたします。

「サークルブログ」はこちらです。サークルブログへの投稿方法は、当該ブログをごらんください。 

月別アーカイブ

最近の記事

ブログ内検索

カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。