Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第1回「童話塾in東北」のご案内

一般社団法人日本児童文芸家協会主催

イベントは終了しました
第1回「童話塾in東北」のご案内

<あなたの物語を書こう! 今こそ東北から児童文芸を!>
日 時 2014年2月8日(土)  開場は12:30を予定しています

*13:00~15:00 講演 
(童話の書き方:基礎編)深山さくら

読む人の心を温める童話を書きたい方、ステップアップしたい方、一緒に学びませんか。
お目にかかるの、楽しみです!*どうしたら見つかる―おはなしのたね*童話賞に入選するには……などを具体的にお話しいたします。

(出版に向けて:実践編)光丘真理
物語を書いて、作家デビューをめざそう!
~本が大好き、童話が書きたい、子どもにオリジナルのお話を聞かせたい、児童書の作家になりたいんだけど……。そんな方の少しでも助けになれたらうれしいです。自分自身の『原風景』を見つけて、オリジナルストーリー創作のツボを探っていきましょう。

*15:00~17:00 懇親会 
講師の先生方と、お茶を飲みながらのざっくばらんな交流コーナーです。
  
場所:仙台市民活動サポートセンター6F セミナーホール
   地下鉄広瀬通駅 西5番出口すぐ(仙台駅より徒歩15分)
参加費:1,000円 懇親会会費:500円(当日会場にてお支払ください)


参加申し込み方法:懇親会への参加希望の有無、住所、氏名、電話番号を明記の上、往復ハガキにてお申し込みください。

申し込み先   〒981-1516宮城県角田市西根郵便局留 
「童話塾in東北」実行委員会宛
申込期間:2013年12月1日(日)から2014年1月10日(金)当日消印まで 
募集定員 50名 定員をオーバーした時は、抽選になります。ご了承ください。

問い合わせ先 日本児童文芸家協会事務局まで     



日本児童文芸家協会組織委員会:「童話塾in東北」実行委員会
スポンサーサイト

国立国会図書館の図書館向けデジタル化資料送信サービスについて

国立国会図書館の図書館向けデジタル化資料送信サービスについて

 平成24年の著作権法改正に伴い、国立国会図書館がデジタル化した資料のうち、絶版その他これに準ずる理由により一般に入手することが困難な資料については、全国の図書館等に送信することができるようになりました。図書館等においては、送信を受けた資料の閲覧・複写サービスを実施できます。サービスは、平成26年1月から開始します。
 これに伴い、送信資料からの除外のお申出を、著作(権)者の方等から受け付ける手続を行っています。詳細は下記URLをご参照ください。

■ホームページ
http://www.ndl.go.jp/jp/aboutus/digi_distribution.html

■お問い合わせ先
 国立国会図書館 関西館 電子図書館課 電子化資料提供係
 電話:0774-98-1270(直通)
 メールアドレス:jogai@ndl.go.jp

第五回日本新薬こども文学賞の報告と第六回の募集開始のお知らせ

本募集は終了しました
第五回日本新薬こども文学賞の報告と
第六回の募集開始のお知らせ

日本新薬こども文学賞は、日本新薬株式会社(京都)が創立90周年を記念して創設しました。目的は未来を担う子どもたちの「夢」を彩り、健やかな「心」を育むこと。本賞の大きな特徴は、物語部門の最優秀作品に、絵画部門の最優秀受賞者が絵をつけて、9見開きの絵本を制作し、3万部刷られ、全国の病院、入院している子どもたち、公共図書館などに無料配布されることです。本協会は物語部門の審査と受賞作絵本化のサポートをしています。

さて、第五回の応募数は物語部門1686作(大人1477名、子ども209名)。難関を通り抜けて最優秀になった作品は「あめくん、デビュー!」です。作者は新潟の小学六年生坂井敏法さん(現在、中学一年生)。あめくん、かぜくん、天の神様。大きな優しさに包まれるようなお話です。子ども部門の作品が最優秀になったのは初めてのことです。絵画部門最優秀者の植田知成さんが、味のある素晴らしい絵を描いてくださいました。
 
第六回の募集が始まりました。締切りは2014年2月11日
みなさん、ぜひご応募ください! 

事業委員会 すとうあさえ

本賞の詳細は以下の日本新薬ホームページにて。

 http://kodomo-bungaku.jp/



 第五回日本新薬こども文学賞から生まれた絵本
「あめくん、デビュー!」作 坂井敏法 絵 植田知成


img010.jpg


こちらでお読みになれます。
http://kodomo-bungaku.jp/book.html

ひろすけ童話賞贈呈式報告

11月1日(金)に山形県高畠町の浜田広介記念館で、第24回ひろすけ童話賞の贈呈式が行われました。
今年の受賞作は、市川宣子氏の『あまやどり』(文研出版)です。

日本児童文芸家協会からは、選考委員長である矢部美智代理事長と、選考副委員長の山本省三常務理事が出席。

記者会見に続く贈呈式では、矢部委員長から、
「『あまやどり』の小さな命をめぐる、きらきらと光輝くようなあたたかさは、ひろすけ童話の魂を思い起こさせます。」
等々の選考経過が述べられました。

 引き続き、作者自身による作品朗読が行われ、ひろすけ生誕120年にふさわしい感動的な贈呈式となりました。

第14回 おはなしエンジェル子ども創作コンクール選考結果が発表になりました!!

第14回 おはなしエンジェル子ども創作コンクール選考結果が発表になりました!!

2013年は「幼児・小学生低学年の部」が78点、「小学生中高学年の部」が110点、「中学生の部」が32点、「その他」として11点のご応募がありました。応募総数231点の中から、厳正な審査の上、各賞の受賞者を決定しました。

おめでとうございます!!


2013おはなしエンジェル 子ども創作コンクール 選考結果

●応募総数
幼児・小学生低学年の部  78点
小学生中高学年の部   110点
中学生の部          32点
              計 220点     ※その他(選考外)…11点


●入賞作品・26編
最優秀おはなしエンジェル賞 3
金のエンジェル賞 9  銀のエンジェル賞 14

<最優秀おはなしエンジェル賞/幼児・小学生低学年の部>
『みずくんとおゆくん』 
新宮礼太  シングウ レイタ(大阪府・年長)

<最優秀おはなしエンジェル賞/小学生中高学年の部>
『僕はお笑い担当』 
富樫輝紀  トガシ コウキ(東京都・小4)

<最優秀おはなしエンジェル賞/中学生の部>
『竹取りの価値』 
久永倫史  ヒサナガ トモフミ(福岡県・中2)


<金のエンジェル賞/幼児・小学生低学年の部> 3編
『まりとえび』 
木本麻里  キモト マリ(青森県・小1)

『べんじょむしとともだち』 
小菅 華  コスゲ ハナ(マレーシア・小1)

『はかせのうまいほし』 
多田樟太朗  タダ ショウタロウ(北海道・年長)

<金のエンジェル賞/小学生中高学年の部> 3編
『ぼくとセミ君の七日間』 
小谷野 光  コヤノ ヒカル(埼玉県・小4)

『日向とかげ』 
藤井 杏  フジイ アン(大阪府・小5)

『七匹の水亀』 
矢澤宙空  ヤザワ ユラ(東京都・小5)

<金のエンジェル賞/中学生の部> 3編
『昨日の僕と明日(あす)の君』 
石塚 繭  イシヅカ マユ(栃木県・中3)

『シッポ物語』
中村瑠南  ナカムラ ルナン(東京都・中3)

『正しいオバケの育て方』 
福井幸司  フクイ コウジ(東京都・中2)


<銀のエンジェル賞/幼児・小学生低学年の部> 5編
『さかなとくじらのものがたり』 
上田 周  ウエダ アマネ (三重県・年長)

『どうぶつのたね』 
大橋飛香  オオハシ アスカ(東京都・年長)

『しっぽのないおうまさん』 
西田紗侑子  ニシダ サユコ(東京都・小2)

『お父さんの天気よほう』 
福島律音  フクシマ リオン(東京都・小1)

『ふしぎなレストラン』 
脇 純麗  ワキ スミレ(東京都・小2)
<銀のエンジェル賞/小学生中高学年の部> 4編
『お空から来たねこ』 
立入愛純  タチイリ アスミ(京都府・小3)

『バクのゆめやさん』 
違 晴香  チガイ ハルカ(東京都・小3)

『ガアゴと海』 
矢澤希空  ヤザワ ノア(東京都・小5)

『スズとハーブ魔女』 
和田琴美  ワダ コトミ(大阪府・小6)

<銀のエンジェル賞/中学生の部> 5編
『守ってあげたい』 
小栁颯史  コヤナギ ソウシ(青森県・中1)

『真実の月、夢の海。』 
庄司日和  ショウジ ヒヨリ(大阪府・中3)

『風待ちの土曜日』 
松沢優花  マツザワ ユウカ(神奈川県・中3)

『GOGO!無敵のレッドサンダー』 
弓削和果  ユゲ ノドカ(神奈川県・中1)

『伸ばした手』 
渡部七海  ワタナベ ナナミ(神奈川県・中3)

くわしくは
http://www.kumon.ne.jp/angel/nyusen_2013.html

会員のなんば・みちこさんが三木記念賞を受賞しました!!

会員のなんば・みちこさんが、岡山県の第46回県三木記念賞に選ばれました。

豊かな感性と広い視野から詩を生み出し、県文化連盟副会長として、現代社会の文化振興に寄与したという理由です。

おめでとうございます!!


くわしくは
http://mainichi.jp/area/okayama/news/20130904ddlk33040612000c.html

Appendix

当ブログについて

jibungei

Author:jibungei
一般社団法人 日本児童文芸家協会のブログです。協会や会員の情報などを随時更新していきます。
広報委員会を中心に、07年11月にホームページのリニューアルをいたしました。
日本児童文芸家協会のホームページはこちらです。

会員の方へ:協会ホームページに情報の掲載を希望する際は、事務局の「広報」宛にメール hp@jidoubungei.jp(件名は「HP情報掲載希望」として下さい)、あるいはFAX(「HP情報掲載希望」と明記)、郵送(日本児童文芸家協会 広報委員会  「HP情報掲載希望係」宛)で送ってください。
 文章量は500字以内。資料、写真などがある場合は添付してください。(添付していただく際は、著作権、肖像権にお気をつけください。)
 尚、情報は、社会貢献、受賞、児童文芸の振興に寄与するものなど、会員に紹介するにふさわしい内容のもので、掲載の判断は広報委員会にお任せくださいますようお願いいたします。

「サークルブログ」はこちらです。サークルブログへの投稿方法は、当該ブログをごらんください。 

月別アーカイブ

最近の記事

ブログ内検索

カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。