Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

広報委員会レポート 広瀬さん、すとうさんおめでとう!

 産経児童出版文化賞贈賞式に行ってきました
 第55回産経児童出版文化賞(産経新聞社主催、フジテレビジョン、ニッポン放送後援、JR7社協賛、ホテルメトロポリタンエドモント協力)の贈賞式が2日、秋篠宮妃紀子さまをお迎えして、東京・飯田橋のホテルメトロポリタンエドモントで行われました。

 この賞は昭和29年に創設され、55回目の今年は、昨年1年間に出版された児童向けの新刊書4511点の中から、大賞など計7点の受賞作品が選出されています。 
 当協会会員から、大賞を広瀬寿子さん「ぼくらは『コウモリ穴』をぬけて」(あかね書房)、ニッポン放送賞をすとうあさえさん「子どもと楽しむ行事とあそびのえほん」(のら書店)が受賞、贈賞式に出席されました。

 産経新聞社の住田良能社長のごあいさつに続き、紀子さまからおことばをちょうだいしました。「本作りに携わるすべての人が、製作の一つ一つの過程で時間をかけながら丁寧にまとめあげた本に出合うことは、子どもたちの健やかな成長にとっても、たいへん有意義なことでありましょう」
 われわれ児童文学に携わる者にとって、とても励みになるおことばでした。

 受賞者に各賞が贈呈され、最後に広瀬寿子さんのごあいさつがありました。受賞作は突然母を亡くした少年のその後の物語であり、「人の死の前で言葉はときに無力です。でも、物語が持つ力は、子どもたちを守ってくれます」と語られました。心に深くしみわたるようなお話でした。
 祝賀会には天沼春樹理事長、岡信子監事、岡本浜江顧問をはじめ、協会の方々が多数かけつけ、喜びをわかちあいました。(金治直美)

産経ニュースへ
スポンサーサイト

広報委員会レポート 「EHON JAPAN 2008」に行ってきました!(広報委員長 すとうあさえ)

 連休前の4月28日(月)、金治理事、かねこ理事、すとう(広報)、光丘理事(編集)、計4名でフジテレビジョン主催の「EHON JAPAN 2008」に行ってきました。

フジテレビ絵本展示
絵本展示「コルデコット賞、ケイト・グリーナウェイ賞、ボローニャ・ラガッツイ賞などの最新受賞作も紹介されました。」



 本イベントは、「お台場学園2008~文化祭~」のメインコンテンツとして、素敵に働く女性、お母さんとして優しく生きる女性、そして全ての子どもたちに新しい絵本の楽しみ方を伝えたいという思いから開催されました。

 会場はフジテレビ22F。アンドレ・ダーハン氏、「ぞうのエルマー」のデビット・マッキー氏、トニー・ロス氏、マイケル・フォアマン氏、デビット・ルーカス氏の原画展、子どもたちがその場で制作できるPOP-UPカードコーナー、フジのアナウンサーによる絵本の読み聞かせタイム、著名人の思い出の絵本紹介コーナー、Book Café、さらに世界の絵本が3000点ほど展示され、好きな絵本をその場で手にとって読める空間も用意されています。
ぞうのエルマー〈1〉ぞうのエルマー (ぞうのエルマー (1))ぞうのエルマー〈1〉ぞうのエルマー (ぞうのエルマー (1))
(2002/04)
デビッド マッキー

商品詳細を見る



 絵本は見る人の童心をよびおこす不思議な力をもっているのでしょう。フロアーにはやわらかなまあるい空気が満ちていました。
 フジテレビ事業部によると来場者数は11日間の会期中22,700名。
 「絵本を子どもに読み聞かせているうちに大人にも心をうるおすものだと知りました」「読んだことのある本には、懐かしさやその頃のことを思い出し、初めて読んだ本にはたくさんの想像をしてあっという間の時間でした。絵本の絵はとても優しい。こみあげてくるほど…」など、よかったという多くの声が寄せられたそうです。


pop up
POP UP「子どもも大人もポップアップカード作りに熱中していました。」



 絵本、童話、児童文学の創り手である私たちにとっても、このようなイベントを通して年齢を問わず、たくさんの人たちに絵本の世界を楽しんでもらえるのはうれしいことです。

「え、まだ読むの?」というくらい、次から次へと絵本を選んでは、お母さんに読んでもらっていた女の子がいました。
 お母さんと絵本を見ている表情がとてもいい!絵本を介したこの一場面が、たぶん、この子にとってあたたかな幸せな記憶の一つになるのでしょう。このイベントが、継続的に行われて、お台場の地に根付くことを期待しています。



◎ 広報委員会レポートは、絵本、児童文学に関する様々なイベントなどを取材し、会員のみなさまにお知らせするためにスタートしました。

Appendix

当ブログについて

jibungei

Author:jibungei
一般社団法人 日本児童文芸家協会のブログです。協会や会員の情報などを随時更新していきます。
広報委員会を中心に、07年11月にホームページのリニューアルをいたしました。
日本児童文芸家協会のホームページはこちらです。

会員の方へ:協会ホームページに情報の掲載を希望する際は、事務局の「広報」宛にメール hp@jidoubungei.jp(件名は「HP情報掲載希望」として下さい)、あるいはFAX(「HP情報掲載希望」と明記)、郵送(日本児童文芸家協会 広報委員会  「HP情報掲載希望係」宛)で送ってください。
 文章量は500字以内。資料、写真などがある場合は添付してください。(添付していただく際は、著作権、肖像権にお気をつけください。)
 尚、情報は、社会貢献、受賞、児童文芸の振興に寄与するものなど、会員に紹介するにふさわしい内容のもので、掲載の判断は広報委員会にお任せくださいますようお願いいたします。

「サークルブログ」はこちらです。サークルブログへの投稿方法は、当該ブログをごらんください。 

月別アーカイブ

最近の記事

ブログ内検索

カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。