Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「出版をめざす! ノンフィクション作家になる講座」が開催されます。

国松俊英さんによる「出版をめざす! ノンフィクション作家になる講座」全5回が、下記のとおり開催されます!

~開講が決定しています~


出版をめざす!
ノンフィクション作家になる講座 <全5回>


福田清人賞受賞作「トキよ 未来へはばたけ」をはじめ、NHK大河ドラマの主人公の
伝記シリーズなど、動物から人物まで、幅広いジャンルのノンフィクションや創作を手掛ける国松俊英先生を講師に迎え、出版につながるノンフィクションの企画、構成、表現など、執筆に関するノウハウをていねいに指導します。また優れた作品は出版社に紹介いたします。


【講師】
 国松俊英先生

【期日・テーマ】
 第1回 10 月 6 日 「ノンフィクションってどんな文学なのか?」
 第2回 10 月 27 日「どんな題材が人をひきつけるのか?」
 第3回 11 月 10 日「どこで、どうやって資料を探すのか?」
 第4回 11 月 24 日「どうやって人に会い、どのように話を聞くのか?」
 第5回 12 月 15 日「集めた資料をどう整理し、どのように作品に仕上げるのか?」

【時間・会場】
 午後2時より午後4時まで。日本児童文芸家協会事務局(飯田橋)
【受講料】
 全5回一括 12,000 円

【募集開始日時】
 8月 10 日午前 10 時より下記の申し込み先のメール、FAXで受け付けます。電話不可。
 必ずノンフィクション講座を受講希望(他の講座との区別のため)と明記の上、
 氏名、住所、メールアドレス、FAX、電話番号を書き添えて、お申し込みください。
 先着順で定員になり次第締め切ります。

【申し込み先】
 メールアドレスはこちらに限ります。 メール:kankou60@jidoubungei.jp
 FAX:03-3262-8739

【募集対象・人数】
 日本児童文芸家協会正会員 12 名(6名以上参加で開講します)。
 開講の決定は、8月末にメールかFAXで受講希望者にお知らせします。
【受講にあたっての準備】
 受講者には9月中旬までに、取り組みたいノンフィクションの題材とあらすじを
 提出していただきます。

〈主催〉刊行委員会 育成委員会
日本児童文芸家協会事務局 〒 102-0072 東京都千代田区飯田橋 2-16-3-202

TEL 03-3262-6026  FAX 03-3262-8739
スポンサーサイト

「絵本フェスティバル2015」に参加します!

7月24日(金)~26日(日)の3日間にわたり
横浜山手西洋館の「絵本フェスティバル2015」に参加します。

「ものがたりの世界へ ~絵本がいっぱい、童話がいっぱい~」と題し、
今年は、60周年を記念したイベントや展示を企画しています。
浜田広介氏の本を集めた「広介の部屋」や、「ないたあかおに」の朗読劇など
楽しい企画が盛りだくさん!
ぜひ、お出かけください。

日時:2015年7月24日(金)~26日(日)
   9:30~18:00(初日は11:00より、最終日は17:00まで)
会場:山手西洋館 べーリック・ホール
   横浜市中区山手町72 tel.045-663-5685


「絵本フェスティバル」のサイトができました。
詳しい情報は、こちらからご覧ください。

http://kouhou.moon.bindcloud.jp/ehonfes/top.html

(協会HPのトップにもバナーがありますで、そこからも入れます)

 第2回童話塾in東北 6/20(土)より受付開始!

         第2回童話塾㏌東北
あなたの物語を書こう! 今こそ東北から児童文芸を!
「童話塾in東北」では、日本児童文芸家協会の理事による講演と、東北在住の作家との交流会を行います。童話を書いている方はもちろん、興味のある方、これから書いてみたい方もぜひご参加ください
■開催日時: 2015年7月20日(月/海の日) 13:00~16:30(12:30開場)
■会  場: 仙台市民活動サポートセンター6F セミナーホール
         ※地下鉄広瀬通駅西5番出口すぐ 仙台駅から歩いて15分
■定  員: 先着50名様予定/事前予約が必要です。
■参 加 費: 1,000円/当日会場にてお支払ください。

●第1部 講演会
童話の書き方から出版に向けてのヒントまで、日本児童文芸家協会の理事が丁寧にお話しします

「東北に根差した物語」  講師:堀米 薫
私は東北の自然や農家の暮らしをモチーフに物語を書いています。身近なエピソードから、  自分らしい物語をどう育てていくのか、体験を交えてお話しします。書くことが楽しい!そんな仲間が増えたらうれしいです。

「どうやって読者の心をつかむか 創作の実践的方法」 講師:高橋 うらら
マンガやテレビ、ネットなど、沢山の誘惑がある読者の子どもの心をつかむには、工夫が必要です。どうしたら魅力ある話が書けるのか、いっしょに考えてみましょう。最後に質問タイムを設けます。

●第2部 交流会
日本児童文芸家協会の作家を中心に、グループに分かれて交流いたしましょう! 創作に関する質問・相談大歓迎です。 


■6月20日(土)お申込み受付開始
参加ご希望の方は、往復ハガキまたはメールに、 ①住所 ②氏名 ③電話番号 ④メールアドレス ⑤創作に関する質問 を明記の上、お申し込みください。
【宛先】〒981-1516 宮城県角田市西根郵便局留 「童話塾in東北」実行委員会
【メールアドレス】touhokujyuku@gmail.com
■お問い合わせ先:「童話塾in東北」実行委員会 【メールアドレス】touhokujyuku@gmail.com

児童文芸 書きおろし童話展2015 開催!!

児童文芸2015-6-7 53p-n

第5回「童話塾 in 関西」開講!!

日本児童文芸家協会主催

第5回「童話塾 in 関西」開講のご案内
〜5枚童話で羽ばたこう!〜

第5回「童話塾 in 関西」では、作家による講演及びワークショップと作品合評の分科会を行います。初めて短編童話を書く方も、是非ご参加ください。

◎ 日 時 2015年11月7日(土)10:30〜17:00
◎ 会 場 天性寺(てんしょうじ) 京都市中央区寺町三条上ル東側
◎ 参加費 5,000円(講演会または分科会のみの参加も同額)
◎ 定 員  講演会                           60名          
                分科会A ワークショップ  30名 
                分科会B 作品合評         30名(15名×2クラス) 
※分科会Bに参加の方は400字詰原稿用紙4〜6枚の作品を提出してください


* 内 容*
1.講 演 10:30〜12:00
「伝えます。絵本と童話の創作ノウハウ」児童文学作家 正岡慧子
講師プロフィール:広島県出身。広告代理店勤務を経て作家となる。一般書・児童書などの著書多数。絵本に『きつねのたなばたさま』(世界文化社)、『ぼく、まってるから』(フレーベル館)などがある。日本児童文芸家協会会員、日本文藝家協会会員。

2.分科会 13:00〜16:30
*分科会A ワークショップ(指導:正岡慧子)
(1)童話を絵本テキストに作り替えてみよう(2)短い童話を書いてみよう等
*分科会B 童話作品合評4〜6枚(担当:童話塾実行委員の児童文学作家)

3.総 評 16:30〜17:00

4.懇親会 18:00〜 天性寺付近にて、参加費4,500円(税込)程度を予定

・ ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
【申し込み方法】
往復はがきに ①住所 ②氏名(フリガナ)③ペンネーム ④電話番号 ⑤ご希望の分科会(Aワークショップか、B作品合評か)⑥懇親会の出欠 ⑦所属しているサークル等を明記して下記までお送りください。尚、定員を超えた場合、抽選とさせていただきますのでご了承ください。⑧抽選に漏れた場合、もう一方の分科会で参加を希望されるかどうかもご記入ください。
・申し込み締切 7月10日(金)必着(合評作品の締切は8月31日必着)
・申し込み先  〒663-8184 西宮市鳴尾町5-7-21 西宮鳴尾郵便局留め
        「童話塾 in 関西」実行委員 藤谷クミコ宛

* 抽選の結果(定員を超えた場合)、参加費のお支払方法、合評作品の送付先、書式など詳細は、後日連絡いたします。
* ご不明な点は、メールにてdouwajyuku_kansai@yahoo.co.jpまでお問い合わせください。
一般社団法人 日本児童文芸家協会
〒102-0072 東京都千代田区飯田橋2-16-3 金子ビル202

Appendix

当ブログについて

jibungei

Author:jibungei
一般社団法人 日本児童文芸家協会のブログです。協会や会員の情報などを随時更新していきます。
広報委員会を中心に、07年11月にホームページのリニューアルをいたしました。
日本児童文芸家協会のホームページはこちらです。

会員の方へ:協会ホームページに情報の掲載を希望する際は、事務局の「広報」宛にメール hp@jidoubungei.jp(件名は「HP情報掲載希望」として下さい)、あるいはFAX(「HP情報掲載希望」と明記)、郵送(日本児童文芸家協会 広報委員会  「HP情報掲載希望係」宛)で送ってください。
 文章量は500字以内。資料、写真などがある場合は添付してください。(添付していただく際は、著作権、肖像権にお気をつけください。)
 尚、情報は、社会貢献、受賞、児童文芸の振興に寄与するものなど、会員に紹介するにふさわしい内容のもので、掲載の判断は広報委員会にお任せくださいますようお願いいたします。

「サークルブログ」はこちらです。サークルブログへの投稿方法は、当該ブログをごらんください。 

月別アーカイブ

最近の記事

ブログ内検索

カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。